マーレが来た日
我が家に保護犬「マーレ」が来た。

d0029249_19565487.jpg


マーレは心無い飼い主に殺処分されそうになっていたところをNPOラブラドールレスキューの団員さんに保護されて、里親募集をしていたのだ。


もともと我が家には黒ラブのシンフゥがいる。
旦那と「もう1頭飼いたいね」と話していたが、私はメスの子犬を買うつもりだった。

ある日友達の家で里親募集のH.Pを目にした私は衝撃的な事実を知った。
捨てられてしまう犬たちのなんと多いこと!
里親募集をしている飼い主たちは「家庭の事情で飼えなくなりました。」と声をそろえて言う。
「家庭の事情ってなんだー!はっきり言えないのかぁー!」
と怒る私の目に飛び込んできたのがラブラドールレスキューのH.Pだった。

ラブラドールレスキューでは「ラブラドールレトリバー」という犬種(MIX含む)を対象にしている保護団体だ。
ラブが大好きで、2頭目もラブと考えていた私はここから里子をもらおうと思ったのだが、ただラブならいいというわけではなく、いくつかの条件があった。

1、先住犬のシンフゥと相性がいい子
2、成犬のメスで3~5歳ぐらい
3、しつけがある程度入っている子

などが私の条件だった。
H.Pの写真を見て一目惚れしたのが「黒ラブの咲ちゃん」。
しかし残念ながら他の里親に決まっていた。
次に出会ったのが「黒ラブのエマちゃん」。
エマちゃんとお見合いするためにエマちゃんの保護宅までシンフゥを連れて行ったのが4月2日(土)の事だった。

保護宅、ouianeさんの家に伺ったその日、シンフゥは劇的な出会いをしたのだった。
それが、エマの後に保護された「マーレ」だったのだ。
シンフゥはエマに見向きもせずマーレと大ハシャギ。
約2時間ぐらいノンストップで庭で走り回ったり、部屋でプロレスしたりの大騒ぎ。
エマとのお見合いがマーレとの遊びの場に変わってしまったのだ。それを見ていた私とouiane家は(マーレのほうがいいのでは・・・・)
と思ったのだった。
しかし、このマーレ君、私の条件に合っているのはシンフゥと相性がいいと言うところだけ。オスの1歳(去勢済み)でしつけはまったくと言っていい程入ってない。そして何より、交通事故で前右足を断脚しているのだった。

家に帰り旦那に報告。
2人で何度も話し合い、何よりもシンフゥにとって良い方を里子にもらうのが一番だという結論に達し、マーレを引き取ることに決定した。
もちろんラブラドールレスキューからOKが出ればの話である。

その後、預かり宅のouiane家が我が家の視察に来られ、立地条件、住環境などを見ていった後、ラブラブ団の皆様方からOKが出て、
めでたく本日我が家に婿入りとなったのです。

我が家に来た途端暴れだす2頭。午前中に掃除機をかけたはずのリビングが毛だらけ・・・・・・・・
それでもいいのです。2人が楽しく幸せに暮らせれば・・・・・

マーレにはたくさんの方から、ラブラドールレスキューを通じていろいろなものを頂いたということで、この場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
これからも、このブログを通じてマーレの成長を見守って下さい。
先住犬シンフゥと共に幸せな犬生を送れるよう私たち夫婦は努力します。

ちなみにシンフゥ&マーレはさっきご飯を済ませ、今はおもいおもいの場所で寝ています。 
よほど疲れたのでしょうねw

d0029249_19571144.jpg

d0029249_19572621.jpg
[PR]
# by nob1229 | 2005-04-17 19:59